資源評価調査

資源評価調査

県名北海道
研究機関名北海道立中央水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H7〜16
年度2003
概要 TAC対象種をはじめ道西日本海に分布する重要種(6種)について、資源評価とその精度向上のための資源構造と漁場環境把握を行い、北水研、漁業情報サービスセンターに逐次情報をコンピュータシステムによって送付する。 生物情報収集調査及び生物測定調査(スケトウダラ、マダラ、スルメイカ、ヒラメ、ホッケ、ソウハチ)、漁場一斉調査(スルメイカ)、沖合海域海洋観測調査(スルメイカ)、新規加入量調査(スケトウダラ)については、ほぼ計画通りに実施できている。新フレスコシステムによるデータ等の収集・蓄積・管理については、底魚とスルメイカの入力フォームが完成しており、データ登録が進んでいる。
研究分担資源管理部
予算区分受託(水研センター)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103398
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat