藻場等の沿岸海域保全機能の解明調査

藻場等の沿岸海域保全機能の解明調査

県名北海道
研究機関名北海道立中央水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜16
年度2003
概要 藻場が持つ魚介類の稚仔保育機能の評価と藻場生態系に及ぼす陸起源物質の影響を解析し、藻場保全に向けた基礎資料を蓄積する。2003年度には藻場に生息する稚仔魚など動物群集の把握とその胃内容物組成の調査、藻場の葉上生物と藻場に生息する魚類稚仔の食物連鎖関係の調査、モク類群落による波浪減衰効果を調べるための水槽実験及び現地調査を実施した。2004年度には、厚田村嶺泊のモク類藻場において、炭素・窒素安定同位体比分析による食物連鎖網の定量化、魚類の餌料として有用な葉上動物の生産量の推定、モク群落による波浪減衰効果を調べるための水槽実験および夏期の現地調査、モク群落により形成された静穏域に対する魚類の行動の把握を行う。
研究分担生態工学科
予算区分受託(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103425
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat