エゾバフンウニ種苗生産の低コスト化技術開発試験

エゾバフンウニ種苗生産の低コスト化技術開発試験

県名北海道
研究機関名北海道立栽培漁業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜16
年度2003
研究対象エゾバフンウニ
概要目的:ウニ種苗生産施設などの要望を受け、生産コストを削減するために、浮遊幼生期〜稚ウニ期の育成管理技術の新たな開発を行う。経過の概要:幼生を高密度(最大3個/ml)で飼育する場合の飼育条件(給餌、給水、通気等)を実験的に明らかにして、高密度浮遊幼生飼育技術を開発した。幼生の胃径とウニ原基長の経日変化および着底基質の必要条件をもとに、変態期幼生を効率的に採苗する技術を開発した。
研究分担貝類部貝類第二科
戦略水産
予算区分道単
専門水産増養殖
部門水産業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103504
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat