ヤリイカの資源変動と来遊予測手法開発研究事業

ヤリイカの資源変動と来遊予測手法開発研究事業

県名青森県
研究機関名青森県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜16
年度2003
概要ヤリイカ漁業経営の安定化を図るため、ヤリイカ資源の集団的構造並びに資源と海洋環境の関係を明らかにし、短期来遊予測や中・長期的な資源解析手法の技術基盤を確立し、資源の持続的な資源管理指針を検討するもので、予測手法が確立することにより漁業者に情報の提供並びに資源管理を進めながら漁業経営の改善が図られる。一方、今後の課題として魚価安定傾向にある水産物の中で、ヤリイカの取扱量が少ない大規模な市場に販路を求めることにより価格安定策を講じる必要がある。
研究分担資源管理部
戦略水産
予算区分県単
専門水産資源
部門海洋
業績(1)ヤリイカの資源変動と来遊予測手法開発研究
(2)北部日本海におけるヤリイカの漁獲変動に及ぼす水温環境
(3)北日本におけるヤリイカの資源変動に及ぼす水温環境の影響
(4)ヤリイカの胚発生とふ化に及ぼす底塩分の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103533
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat