養殖漁場における生産性の実態解明に関する研究

養殖漁場における生産性の実態解明に関する研究

県名宮城県
研究機関名宮城県気仙沼水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜20
年度2003
概要目的:本県沿岸域では、カキ、ホタテ、ホヤ等各種魚貝藻類の養殖が営まれているが、近年は過密養殖によるものと思われる生産性や品質の低下等がみられる。このため海域における餌料プランクトンなど基礎生産量の実態を把握し、養殖生産と餌料環境の対応関係を検討し、適正収容基準を明らかにする。計画:対象海域におけるカキ・ホタテなど養殖対象生物の成長速度から標準成長曲線を作成する。また、対象海域における養殖種、付着生物種の現存量、施設数など漁場利用実態を把握し、海域の栄養塩類等の関係から適正収容量を推定する。 受け渡し先:得られた漁場の適正収容量等の知見は、漁場行使、生産調整に関する基礎資料として、関係者に情報提供する。
研究分担環境部
戦略水産環境・水産増養殖
予算区分県単
専門水産環境・水産増養殖
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103656
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat