コンクリートブロックを利用したアントクメの増殖

コンクリートブロックを利用したアントクメの増殖

県名東京都
研究機関名東京都水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜16
年度2003
研究対象アントクメ
概要 貝類の飼料として貴重なアントクメの藻場復活を目指して、アントクメの生活史を解明し、人工的な藻場造成技術を開発する。研究内容としては、コンクリートブロックやロープを使用した増殖技術の開発、アントクメの季節的成長と環境条件の把握、人工採苗技術の開発、配偶体着生基質の活用を行っていく。大島海域での藻場復活、増殖基質や母藻の投入時期の把握、中央ブロック海区水産業研究部会「沿岸浅海域の環境変動が定着性水産生物の生産性に及ぼす影響の評価に関する調査・研究手法の検討」WGへ貢献していく。
研究分担大島
戦略水産
予算区分都単
専門水産増養殖
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103921
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat