東京湾のマアナゴ資源の管理に関する研究

東京湾のマアナゴ資源の管理に関する研究

県名神奈川県
研究機関名神奈川県水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H11〜19
年度2003
概要 本県アナゴ筒網漁業にとって東京湾のマアナゴは重要な資源であり、有効に利用していかなくてはならない。すでに漁業者自らマアナゴ資源温存のために先進的に資源管理を実践してきているが、十分に有効利用してきたとは言えない。そこで、より効果的な資源管理対策を進めるために、葉形仔魚の来遊量、幼魚期(20cm未満の出荷の対象でないもの)の生息場や分布状況等を明らかにし、マアナゴ資源全体を的確に把握し、より有効利用できる管理方策を漁業者に提示する。
研究分担水産総合研究所資源環境部
戦略水産
予算区分国庫補助(水産庁)
専門水産資源
部門海洋
業績(1)東京湾のシャコ資源について−2シャコ資源回復への私案
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030103965
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat