多元的資源管理型漁業の推進に関する研究

多元的資源管理型漁業の推進に関する研究

県名静岡県
研究機関名静岡県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H11〜19
年度2003
概要研究目的:地域の実情にあった漁業種類または主要な漁獲対象魚種を対象に量・質的な管理とコスト低減による漁業資源の維持と収入の増加を図る。内容:榛南海域では刺網の主要魚種であるヒラメ、伊豆半島沿岸域では定置網漁業、遠州灘では延縄漁業のトラフグ、沖合漁場では立縄漁業のキンメダイを取り上げ、漁獲物組成や漁獲量等の漁獲実態調査をとおした資源評価と魚価の形成機構について検討する。期待される効果:ヒラメの重量階級別の単価や1日の取扱量が価格に及ぼす影響などの価格形成機構が解明される。また、定置網、キンメダイ、トラフグでは一時的に多獲した場合の価格低下や鮮度定価の程度を推測し、経営対策の必要性を明確にし、今後の経営改善が図られる。
研究分担漁業開発部
戦略水産
予算区分国庫補助(水産庁)
専門水産資源
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030104174
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat