沖合底魚資源・環境調査

沖合底魚資源・環境調査

県名鳥取県
研究機関名鳥取県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜16
年度2003
概要 沖合底曳網の資源管理の一貫として小型魚の保護(=網目の拡大)を提唱しているが、春のハタハタが抜けてしまうことがネックとなっている。 そこで、試験船調査により、トロール網でのハタハタ、エビ類の網目と漁獲サイズの関係を明らかにした。 この結果を基に、業者船を用いて、実際に網目試験を行ったところ、予想よりはるかに大型の個体が抜けてしまうことが判ったため再度業者船による網目選択試験を行い、適正目合いを算定した。
研究分担海洋資源科
戦略水産
予算区分県単
専門水産資源
部門海洋
業績(1)沖合底魚資源・環境調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030104394
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat