貝毒等被害防止対策事業

貝毒等被害防止対策事業

県名山口県
研究機関名山口県水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H15〜19
年度2003
概要周防灘における貝毒原因プランクトンの測定技術の確立及び出現状況調査の実施。現在プランクトンモニタリングで実施している高倍率の顕微鏡や染色液を用いた鎧板観察は、技術の熟練を要したり、染色液の製造中止などの問題が多いことから、簡易な原因プランクトン測定技術の確立が急務となっている。また、現場での生態的知見の乏しいアレキサンドリウム・タミヤバニッチについて、広域調査や培養等の基礎試験などを実施する必要がある。
研究分担内海研究部
戦略水産
予算区分委託
専門水産環境
部門海洋
業績(1)貝毒発生監視調査(平成14年度)
(2)貝毒原因プランクトン等実態調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030104502
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat