環境保全手法開発基礎研究

環境保全手法開発基礎研究

県名高知県
研究機関名高知県内水面漁業センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H11〜15
年度2003
研究対象淡水魚類
概要生物環境の維持と資源の持続的な利用を行うため、魚介類の生活や生態を媒介とした環境の定量的な測定手法を検討し、その情報を継続的に蓄積、整理して、生物分布・生息環境を監視するとともに減少著しい魚介類の増殖技術開発のための基礎資料を集積する。高知県における純淡水魚は7目14科52種が確認された。通し回遊魚は7目9科32種で、このうち水産資源として最も重要なアユやウナギの減少が著しい。四万十川におけるテナガエビ類の生息分布をみると、ミナミテナガエビは淵に、ヒラテテナガエビは瀬に多く生息していた。ミナミテナガエビの雌雄比はほぼ1:1であったが、ヒラテテナガエビは雌が約80%を占めていた。抱卵状況から判断すると、ミナミテナガエビは6〜8月、ヒラテテナガエビは5〜8月が繁殖時期であると考えられた。
戦略水産
予算区分県単
専門水産環境
部門河川・湖沼
業績(1)四万十川におけるテナガエビの生態調査
(2)アユ遡上調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030104604
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat