タイラギの斃死要因に関する研究

タイラギの斃死要因に関する研究

県名福岡県
研究機関名福岡県水産海洋技術センター有明海研究所
課題種別 試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2003
概要目的:タイラギの資源状況の把握、へい死原因の解明計画:資源動向の把握、貧酸素水塊の発生状況の把握、タイラギ生息域における流速・水質・底質等調査、病理学的検討期待される成果:タイラギへい死原因解消のための提言得られた成果:タイラギ資源動向、へい死時期の環境が明らかになった。貧酸素等の環境条件はタイラギをへい死させる一因ではあるが、へい死に至るきっかけにすぎず、何らかの原因でそれまでに貝の活力が低下していると考えられた。成果の受け渡し先:関係漁協、本庁水産関係課他残された問題点:タイラギ活力低下の主因を明らかにする必要がある。
研究分担資源増殖課
戦略水産
予算区分受託(独法)・県単
専門水産資源
部門海洋
業績(1)有明海ノリ不作等原因調査(2)タイラギ斃死要因に関する研究
(2)福岡県地先における貧酸素水塊の発生2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030104679
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat