麦類特性検定(赤さび病)

麦類特性検定(赤さび病)

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S40〜
年度2004
研究対象小麦
概要秋まき小麦の育成系統について、赤さび病抵抗性を検定し抵抗性品種の育成に資することを目的に、平成16年度は、北見農試育成の79系統、北農研育成の46系統および標準・参考品種7品種を供試し、無防除栽培により赤さび病の罹病程度を観察した。その結果、「13330」「13331」「勝系53」が赤さび病抵抗性極強と判定された。次年度も供試材料を換え継続検討する。
研究分担作開・畑作
戦略作物育種
予算区分指定
専門育種
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030104932
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat