馬鈴しょ採種栽培における「ピラフルフェンエチル乳剤」による茎葉枯凋処理効果

馬鈴しょ採種栽培における「ピラフルフェンエチル乳剤」による茎葉枯凋処理効果

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜16
年度2004
研究対象馬鈴しょ
概要道内における「ピラフルフェンエチル乳剤」の茎葉繁茂期での枯凋処理効果を検討した。道内2カ所の試験の結果、対象薬剤より枯凋期が1〜2日程度遅いが、無処理より12日以上早いことから、実用性はあると判断される。また、散布による塊茎品質の異常は認められなかった。
研究分担作開・畑作
戦略土地利用型農業
予算区分受託(民間)
専門栽培生理
部門馬鈴しょ
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030104998
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat