野菜作における有機物重点利用栽培の評価技術

野菜作における有機物重点利用栽培の評価技術

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2004
研究対象キャベツ、ハクサイ
概要目的:有機物を重点的に利用する栽培体系に適した土壌の特性を解明し、このような栽培体系に対する土壌の適性度を診断する手法を開発する。あわせて、有機物の施用に伴う病害虫の発生に関する情報も整理する。平成16年までの結果の概要:1)有機物を重点的に利用した栽培体系で野菜の高位安定生産が期待できる土壌は、窒素肥沃度が高く、有機質肥料由来窒素の利用率が高いという特徴を有していた。 2)このような土壌は容積重、固相率、気相率、易有効水量等の物理性が良好で、腐植含量や可給態窒素量も高かった。 3)はくさいでの軟腐病の発生株率および黒斑病の発病度は、有機質肥料施用区の方が化学肥料施用区よりも低い傾向にあった。期待される成果:有機物重点利用栽培体系に適した土壌を判定するための手法が開発され、同栽培体系に向けた土壌改良指針が明らかとなる。また、有機物の施用に伴う病害虫の発生に関する情報が整理される。
研究分担クリーン・土壌生態、病虫
戦略土地利用型農業
予算区分道単
専門土壌肥料
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105004
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat