地域特産野菜のクリーン農業技術開発

地域特産野菜のクリーン農業技術開発

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜17
年度2004
研究対象セルリー
概要目的:セルリー栽培における、肥培管理・防除回数等の栽培実態、および栽培土壌の理化学性・作物の養分吸収・病害虫発生等を調査し、クリーン農業技術の開発に資する。計画:Yes! clean登録産地である洞爺村のセルリー栽培実態を調査し、肥培管理や病害虫の発生および防除の実態を明らかにするとともに、減化学肥料や減化学農薬技術の適応性を検討する。得られた成果:減化学肥料技術では、施肥量の増加とともに平均1株重や窒素吸収量は増加し、作物体の硝酸態窒素含有率が高まる傾向が認められたが、見かけの施肥窒素利用率はいずれの試験区でも低かった。土壌無機態窒素含量は灌水に強く影響されると推察された。減化学農薬技術では、4病害、3害虫の発生が確認され特に斑点病が重要病害であること、作型や農家によって病害虫の発生が様々であるが、多発する原因として苗での発生、ハウス内の環境の違い、雑草管理、適期防除の不履行などが推察された。
研究分担クリーン・病虫・総合防除・土壌生態
戦略園芸
予算区分道単
専門病害虫、土壌肥料
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105028
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat