施設栽培における漁業系有機性資源の有効利用技術

施設栽培における漁業系有機性資源の有効利用技術

県名北海道
研究機関名北海道立道南農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
研究対象トマト
概要目的:トマトに対する有機物の基肥および追肥技術を実用化し、ハウス土壌において環境負荷を増大させず、持続生産が可能な全量有機の施肥基準を設定する。 試験調査項目:(1)トマト有機栽培を実践する農家に対する実態、(2)トマト栽培における全量有機物による基肥技術の開発、(3)トマト栽培における有機質液肥による追肥技術の開発、(4)トマト有機栽培の検討 成績概要:有機栽培生産者はトマト、ミニトマトについて耐病性を考慮した品種選択を行っていた。たい肥、基肥に用いる資材は各生産者ごとに異なっていた。生産者圃場の土壌化学性はTruog-P2O5、交換性CaO、MgOで診断基準値を上回るものがあったが、他はおおむね適正であった。有機物施用1年目の基肥ではたい肥4t+魚かすN5kg/10a施用区が化成区と同等の良果収量を得た。有機物の追肥では、魚および植物由来液肥の追肥開始時期が定植14日と第1果房肥大期の区で良果収量が化成追肥区を上回った。化学農薬を使用しない区では葉かび病の症状が抑えられず、収量は農薬使用区を下回った。
研究分担園芸環境科
戦略園芸、水産、環境
予算区分国庫補助
専門土壌肥料
部門野菜
業績(1)無機態窒素を含有する排出液の処理方法及び処理装置
(2)有機性廃棄物からの液体肥料製造方法
(3)農業用培地及び該培地を用いた作物の栽培法
(4)高設栽培装置
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105172
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat