秋播小麦新品種育成試験

秋播小麦新品種育成試験

県名北海道
研究機関名北海道立北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S2〜
年度2004
研究対象小麦
概要目的:耐病性、耐穂発芽性など障害抵抗性を具備した良質、多収品種を育成する。成績の概要:品種に関する試験、交配およびF1養成、個体選抜、系統育種法による系統選抜、育成、集団養成、集団育種法による系統選抜、育成、派生系統育種法による系統選抜、育成、 特性検定試験、生産力検定予備試験及び小規模生産力試験を実施した。 生産力検定試験:「北見81号」の1系統と比較・ 標準6品種を供試し、 畦巾30cmの標準栽培、畦幅20cmのドリル標肥とドリル多肥の3試験を乱塊法4反復で行った。各地の奨励品種決定調査と合わせて検討の結果、「北見81号」を継続検討とした。
研究分担作物研究部小麦科
戦略作物育種
予算区分指定
専門育種
部門
業績(1)低温降雨条件でも低アミロ化しない秋まき穂発芽性極難小麦系統の作出
(2)第9回穂発芽研究会及びワークショップおよびシンポジウム 穂発芽しない小麦を作る
(3)II 小麦の特性と育ち方 2 小麦の生育過程 2) 登熟過程.新しい小麦づくり− 2004年版(分担執筆)
(4)II 小麦の特性と育ち方 2 小麦の収量.新しい小麦づくり−2004年版(分担執筆)
(5)IX 小麦の品種と特性 1 秋播小麦.新しい小麦づくり−2004年版(分担執筆)
(6)X 今後の技術展望と課題 1 品種開発の展望.新しい小麦づくり−2004年版(分担執筆)
(7)II 小麦の特性と育ち方 1 気象条件と小麦作.新しい小麦づくり−2004年版(分担執筆)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105353
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat