寒地中規模酪農における集約放牧技術の確立

寒地中規模酪農における集約放牧技術の確立

県名北海道
研究機関名北海道立天北農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
研究対象牧草
概要(1) 天北型集約放牧システムの体系化と営農モデルの策定 (i) 試験目的:多雪地帯における酪農経営が新たに放牧を導入したり、より放牧を重視した経営へ移行するためのプログラムを作成し、現地で組み立て実証する。本年度は集約的な放牧農家への転換に向けて放牧地の利用形態の変換や放牧地拡大による放牧依存度の向上などの移行条件を解明し、移行プログラムを作成する。 (ii) 試験結果: ア)新たに放牧を導入した農家では、日中制限、日中放牧、昼夜放牧へと3カ年で移行でき、放牧草採食量(乾物kg/頭・日)は 14.7kg(前年9.0kg)と大幅に増加した。 イ)兼用比率を0:100から65:36に高めた農家では、1頭当たり放牧地面積(兼用地は1/2〜1/4換算)が0.55,0.49,0.29haと年々減少したが、夏以降の放牧草採食量(乾物)も高まり平均11.9kg/頭・日と前年の10.4kgを上回った。 ウ)分娩間隔は、放牧導入農家で導入前の481日から2年後で438日に短縮し、BCS(ボデイ・コンディション・スコアリング)のバ ラツキ縮小など放牧導入効果が見られた。 エ)放牧地へのペレニアルライグラス追播は、作溝型播種機による簡易更新の播種2年目秋で植生改善効果が認められた。(2) 天北型集約放牧技術の経営評価と地域への波及効果の解明 (i) 試験目的:多雪地帯における酪農経営が新たに放牧を導入したり放牧を重視した経営への移行過程の経営評価を営農条件別に明らかにする。本年度は先進的な放牧酪農家を対象に放牧技術の導入過程における技術変遷と経営収支の推移を明らかにした。 (ii) 試験結果: ア)C農場は、平成元年より1牧区を0.6ha前後に区切り、牛道と水槽の整備、濃厚飼料の削減、放牧に対応する育成技術の導入を進める。平成6年より兼用草地を増加、1牧区面積を拡大し昼夜放牧に移行し、さらに最近では、放牧専用利用の割合を高めている。また、放牧移行後は乳牛頭数の変化が少なく、牛乳生産量も300t前後で推移している。 イ)D経営は平成8年9月、現在地に新規入植し、移動牧柵で小牧区に区切った日中放牧を行う。その後、施肥改善やペレニアルライグラス導入などにより放牧草の嗜好性が高まったことを確認し、平成13年より現在の中牧区による昼夜放牧体系をとる。 ウ)C、D経営とも放牧酪農に経営転換を図るため、試行錯誤から技術的な確立を認識し現在の昼夜放牧体系に移行するための期間は概ね5年である。 エ)舎飼優良事例や乳牛検定成績と比較すると、乳牛頭数や牛乳生産量は下回るが1頭当たりの牧草面積を多く確保している。生産技術では繁殖成績は舎飼優良事例水準であり、C経営の乳脂率は高く季節変動も少ない。また、平均産次、乳飼比、飼料効果は宗谷管内平均より高く、経産牛1頭当たり乳量は舎飼優良事例と同等か上回っている。経営成果では、1頭当たり農業経営費が少なく農業所得、所得率が舎飼優良事例を上回っている。
研究分担牧草飼料科、草地環境科、技術普及部
戦略土地利用型農業
予算区分受託
専門栽培生理、土壌肥料
部門草地・飼料作
業績(1)放牧を成功させるための草地管理
(2)目で見る飼料作物のすべて
(3)乳牛・放牧期に向けての飼養管理
(4)良質粗飼料確保重視による安定経営の実現
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105427
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat