北海道優良基幹種雄牛育成事業B.外国種種雄牛造成事業

北海道優良基幹種雄牛育成事業B.外国種種雄牛造成事業

県名北海道
研究機関名北海道立畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H12〜16
年度2004
研究対象肉用牛
概要目的:外国種の改良増殖を推進するため産肉能力直接検定を実施し優良種雄牛を選抜する。方法 :1)直接検定牛:8カ月齢前後のアンガス雄牛10頭を検定した。2)期間:予備飼育期間は21日間、検定期間は112日間とした。3)検定飼料の給与法:濃厚飼料として肉牛指定配合を代謝体重の9%を給与した(ルーサンペレット35%を含む)。粗飼料は乾草(イネ科主体1番草)を自由に採食させた。4)体重・体型測定:体重測定は2週間ごとに行った。体型測定は体高、十字部高、体長、胸囲、胸深、胸幅、尻長、腰角幅、かん幅、座骨幅および陰嚢周囲長について8週間ごとに行った。成績の概要:1)全頭が1.2kg/日以上の日増体量であった。これらの検定終了牛については、精液性状、18カ月齢体高、体型および血統により最終選抜を行う。2)H15年度(2003年度)の直接検定終了牛10頭より、3頭を選抜した。
研究分担家畜生産部育種科
戦略畜産
予算区分国庫補助
専門育種
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105436
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat