15.緑化技術や維持管理技術の開発 (1)北海道の環境に適した緑化技術の開発 (ii) 表層残土内埋土種子群を用いた郷土樹林再生緑化技術の確立

15.緑化技術や維持管理技術の開発 (1)北海道の環境に適した緑化技術の開発 (ii) 表層残土内埋土種子群を用いた郷土樹林再生緑化技術の確立

県名北海道
研究機関名北海道立林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜16
年度2004
概要各種工事に伴って発生する表層残土内に含まれている郷土植物の埋土種子を用いた緑化技術の実用化を目的として,地表植生別に表層土に含まれている埋土種子量を把握して使用可能な表層土を明らかにするとともに,埋土種子を乾燥などの気象害から守り,健全に発芽・生育させる技術を開発する。この技術により,各種の開発造成地で発生する表層残土を緑化資材として使用することが可能となり,外国産草本に頼らない郷土植物による緑化と同時に,産業廃棄物の減量にもつながる。
研究分担管理技術科他
戦略森林・林業・木材産業
予算区分道単
部門森林機能・防災
業績(1)土の中で生きているタネの話
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105613
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat