針葉樹おが粉の利用に適した道産品種の育成

針葉樹おが粉の利用に適した道産品種の育成

県名北海道
研究機関名北海道立林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜16
年度2004
研究対象
概要研究目的:動植物性残渣コンポストを培地材料として用いたマッシュルームの栽培技術を開発する。得られた成果:リサイクルプラントにおいて生産されるコンポスト製品の新たな分野への活用方法を見出すことで、動植物性残渣廃棄物の有効利用(再資源化),環境保全ならびに循環型社会の構築に貢献できる。
研究分担生産技術科
戦略森林・林業・木材産業
予算区分道単
専門バイテク・キノコ
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105695
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat