広域性魚類の資源・生態調査研究

広域性魚類の資源・生態調査研究

県名北海道
研究機関名北海道立中央水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H元〜16
年度2004
概要 北海道周辺に分布するTAC対象種であるスケトウダラ・スルメイカ・サンマや、ホッケ・ニシンなどの広域性回遊資源は、漁業対象種として重要な魚種である。これらの魚種の漁獲量は年や海域により変動が大きく、漁業者のみならず水産関係業界への影響も大きい。このため、精度の高い漁況予測や資源評価が求められている。本研究では漁獲対象魚種の漁業・資源のモニタリングを行うと共に、来遊・分布様式、漁場形成要因、基礎的生態等を継続して解明し、精度の高い漁況予測や資源評価を行う。また、漁況予報や資源評価の結果を関係者に報告する事により、資源管理型漁業を推進するほか、計画的経営の確立に寄与する。
研究分担資源管理部
戦略水産
予算区分道単
専門水産資源
部門海洋
業績(1)スケトウダラ稚魚に対する音響資源調査の試み
(2)ホッケの漁獲変動から見た道北群と道南群の境界線
(3)2001年に北海道東部海域へ来遊したスルメイカの発生時期について
(4)Characteristics of a Pacific herring Clupea pallasii spawning bed off Minedomari, Hokkaido, Japan
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105702
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat