水産資源の管理効果予測に関する研究

水産資源の管理効果予測に関する研究

県名北海道
研究機関名北海道立中央水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜16
年度2004
概要北海道は我が国最大の水産物の生産地であり資源管理意識も高いものの、漁業対象となっている資源の多くは低位な水準にある。現在まで北海道及び我が国で行われていた資源量推定は精度の検討が行われておらず、将来予測もほとんど実施されていなかったため、資源管理方策決定に際して十分な科学的助言ができていたとはいえない状況にある。本研究では、推定精度評価の手法を開発することを目指し、日本海スケトウダラ資源を対象に資源量推定値や資源特性値の誤差および加入量変動の定量化を試み、これらの不確実性を組み入れた管理効果予測モデルを開発した。これにより、水産資源を持続的に利用するための科学的根拠に基づく意思決定過程を明確にすることが可能となる。
研究分担資源管理部
戦略水産
予算区分道単
専門水産資源
部門海洋
業績(1)北海道における新しい資源管理システム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105703
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat