ワカサギの人工孵化技術の改善試験

ワカサギの人工孵化技術の改善試験

県名北海道
研究機関名北海道立水産孵化場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜16
年度2004
概要ワカサギは内水面漁業で極めて重要な魚種であり、人工孵化は古くから行われているものの、生卵率が低いなどの問題がみられる。このため、現状の孵化技術を見直し人工孵化仔魚を安定的に生産できる技術を確立する。ワカサギふ化率の低下原因として発生初期の生卵率が低いことに加えて、死卵からの水生菌繁茂による他の生卵への影響であることが明らかとなった。
研究分担養殖病理部
戦略水産
予算区分県単
専門水産増養殖
部門河川・湖沼等
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105823
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat