2.自然エネルギーを活用した冬の農業確立のための技術開発 (1)太陽光エネルギーを活用したハウス利用技術の確立 (ii)保温用カーテンの保温特性

2.自然エネルギーを活用した冬の農業確立のための技術開発 (1)太陽光エネルギーを活用したハウス利用技術の確立 (ii)保温用カーテンの保温特性

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センター畑作園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2004
研究対象共通
概要 カーテン資材を二重被覆した場合の保温性と、日中の温度上昇抑制効果について検討した。試験時期と資材の組合せ方を変えて温度変化を調査したところ、厳寒期の夜間の保温効果は、「ユーラック」の二重被覆が最も高かった。また、日差しの強い日中の温度上昇抑制効果は、「長寿」+「ユーラック」が最も高かった。
研究分担栽培部
戦略園芸
予算区分県単
専門環境
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030105899
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat