(2)高温登熟条件下における品質低下軽減技術 (i)白色未熟粒発生要因の解明

(2)高温登熟条件下における品質低下軽減技術 (i)白色未熟粒発生要因の解明

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センター(黒石)
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜17
年度2004
研究対象水稲
概要白未熟粒の発生軽減解明のため、人工気象室を用いポット試験を行った。いずれの処理区も「駒の舞」では白未熟粒の発生のが多く、米質は大きく低下した。発生した白未熟粒は基白と背白が全体の9割以上であった。
研究分担藤坂稲作研究部
戦略土地利用型農業
予算区分県単
専門栽培生理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106327
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat