早生水稲系統

早生水稲系統

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H9〜22
年度2004
研究対象水稲
概要目的:県北地帯は、夏期のやませ(偏東風)吹走により数年に一度は冷害となるため、作柄の安定化が求められている。また、近年は産米の食味・品質がこれまでになくクローズアップされており、特に例年一等米比率が上がらず品質の振れも大きい県北産米は市場評価も低く苦戦を強いられている。県北における作柄の安定・産米品質の向上には、耐冷性が強く、良質・良食味の品種導入が不可欠である。本試験は、極早生〜早生品種を主に育成している青森農試藤坂支場から系統を導入し、当地域への適応性を検討する。
到達目標:1)供試系統の諸特性、県北地帯での地域適応性を明らかにする。
2)有望系統を選抜する。
3)年次別予定成果
成果:(平成13年)相522、相562、相565、相566、相568、相569、相570、相571、相572の計9系統を「やや有望△」とした。
研究分担やませ利用
戦略作物育種
予算区分県単
専門育種
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106401
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat