分子マーカーを用いた選抜技術の検討

分子マーカーを用いた選抜技術の検討

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2004
研究対象水稲
概要目的:外国稲から優良形質を日本稲に取り込む場合、外国品種が持つ劣悪形質の除去に多大な労力を要している。分子マーカーで優良形質を選抜し、戻し交雑で劣悪形質を排除する手法が有効と考えられるが、分子マーカーで選抜できる形質は不明なものが多く、また手法も簡便ではない。そこで、分子マーカーを用いた選抜技術についてその有効性を検討する。
到達目標:1)分子マーカーを用いた選抜技術の利点と欠点を明らかにする。
2)分子マーカーを用いた選抜が有効な形質を明らかにする。
3)平成13年度の達成度:2
成果:マイクロサテライトマーカーを用い、中間母本として有望な稲5系統・および本県主要栽培品種について多型解析を行った。遺伝的に近縁な日本稲間でも多型が得られ、遺伝解析に用いることができることを確認した。
研究分担水稲育種
戦略作物育種
予算区分県単
専門育種
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106416
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat