良品質・高品質生産を目的としたウイルスフリー樹の作出

良品質・高品質生産を目的としたウイルスフリー樹の作出

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2004
研究対象リンゴ
概要目的:りんご、ぶどうなどウイルスの罹病が果樹の生育及び品質、収量などに与える影響は大きく、樹勢衰弱や枯死に至る場合もある。また、新わい性台木として平成9年から奨励品種として取り上げたJM7は、CLSV(高接ぎ病)に感受性があり、感染により樹勢衰弱や枯死することが考えられるため、穂品種は無毒穂木を用いる必要がある。そこで、熱処理と茎頂培養を併用したウィルスフリー化技術を確立するとともに、フリー樹の作出を目的とする。
到達目標:良品質・高品質生産を目的としたウイルスフリー樹の作出
成果:主要18品種をウィルスフリー化し、農産物改良種苗センターに穂木採取の原母樹として供給し、生産者に対してフリー苗木の供給が行われている。(昭和59年〜;岩手園試)
研究分担果樹
戦略作物育種
予算区分県単
専門育種
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106442
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat