岩手在来系統の特性評価と品質優良系統の選定

岩手在来系統の特性評価と品質優良系統の選定

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜21
年度2004
研究対象ヒエ・アワ・キビ
概要目的:近年、健康志向の高まりから雑穀が注目されており、本県では平成9年度に選定した優良系統の普及を図っている。今後、輸入雑穀や他県産との差別化を図り、県産雑穀の優位性をPRするためにはさらに外観品質や内容成分・食味等に優れる”市場性”の高い系統を選定する必要がある。現在、課題名「市場性を考慮した雑穀優良系統の選抜」(県単、H14〜16)を実施中であるが、引き続き新形質や花材利用など新規需要も想定した評価を加えて優良系統の選定を進め、県産雑穀の市場評価向上並びに需要拡大に資する。
到達目標:内容成分や機能性等に優れる優良系統を選定し、普及させる。現在、選定目標としている特性評価項目は以下のとおり。ア)ひえ:糯性もしくは低アミロース含量の系統。イ)あわ:短稈で脱ぷ粒色が黄色の糯性系統。ウ)きび:短稈で脱粒性が少なく、大粒の系統。エ)共通:花材として評価が高い系統。
予定成果(初年目):系統収集及び特性調査を行う。
成果:収量性・品質が比較的優れる雑穀類の優良系統(計5系統)を選定した(平成9年度)。
研究分担やませ利用
戦略作物育種
予算区分県単
専門育種
部門その他作物
業績(1)子実用ヒエの栽培条件による食味関連形質の変動
(2)岩手県におけるアミロース含量が低い在来ヒエ系統の特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106473
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat