水田小麦・大豆の小畦立栽培技術

水田小麦・大豆の小畦立栽培技術

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜19
年度2004
研究対象小麦、大豆
概要目的:小麦、大豆の栽培技術は畑地または排水対策の施された汎用化水田での栽培を前提としたものであり、排水不良の水田の栽培には適合しない場合がある。 そこで、排水不良の水田や粘質土地帯において、小麦、大豆の湿害を回避・軽減でき、かつ生産者が容易に取り組める栽培技術の開発と適用を行い、収量・品質の安定性を高めることによって、生産量及び所得の確保をはかることをねらいとする。
新規性:転用
成果対象:普及、指導
予定成果(初年目):小畦立て栽培における播種機の改良点とコストが明らかになる。大豆において小畦立てによる表面排水効果データが得られる。
予定成果(2年目):水田大豆の小畦立栽培による湿害回避技術
予定成果(3年目):秋まき小麦の小畦立栽培による湿害回避技術
研究分担野菜畑作
戦略土地利用型農業
予算区分県単
専門麦、大豆
部門栽培生理
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106489
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat