ぶどう短梢栽培用平棚を利用した大粒種の栽培法の検討

ぶどう短梢栽培用平棚を利用した大粒種の栽培法の検討

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2004
研究対象ぶどう
概要目的:ぶどうは平棚栽培法が殆どで、その仕立て法は、短梢と長梢があり、それぞれ棚の構造が異なる。短梢栽培は剪定が容易で作業性が良好であるが、樹勢のコントロールが難しく、長梢栽培は逆に樹勢コントロールは容易であるが剪定技術等に熟練を要するなどそれぞれメリット、デメリットがある。「キャンベル・アーリー」の場合は花振るいが少ないなど短梢栽培が容易であるため、本県では短梢栽培が主体であるが、「紅伊豆」等の大粒種は、樹勢が強く花振るいを起こしやすいため長梢棚での長梢剪定が一般的な栽培方法である。そこで、既存の短梢栽培用平棚を利用し、老齢樹となっている「キャンベル・アーリー」の改植時に「紅伊豆」を導入できる方法として仕立て法等栽培法について検討する。
到達目標:短梢栽培用平棚利用による「紅伊豆」の栽培法が確立される。
成果:(1)本県で栽培している紅伊豆の冬期2芽剪定において、発芽率は第1節位が20%と低く、第2節位も低めであった。花芽着生率は第1節位で低かったが、第2節位では高かった(平成3年度果樹試験成績書)。
(2)紅伊豆の密植垣根による短梢仕立てでは、基部1〜2芽の花芽着生率が年により低く、収量に影響を及ぼす。(平成2〜6年度果樹試験成績書)。
(3)前年度苗木を定植し、順調に生育している。
研究分担果樹
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106542
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat