摘葉管理の省力技術の開発

摘葉管理の省力技術の開発

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H9〜16
年度2004
研究対象リンゴ
概要目的:カラムナータイプ品種は省力形質樹形を有するものの、通常の品種よりもLAIが高く、果叢葉が密生する性質を有するため、着色管理作業が必要になると考えられる。そのため、カラムナータイプ品種に適した摘葉剤の利用技術について検討する。
到達目標:カラムナータイプ樹に適した摘葉剤の利用技術の確立
成果:1)AKD-8068水和剤は、「ふじ」については平成11年に「ジョンカラーふじ」として農薬登録されたが、その他の品種については登録がない。
2)AKD-8086水和剤の散布により、「ふじ」に対して摘葉効果が認められる。(平成6年〜岩手農研セ)
3)「ボレロ」に対する「ジョンカラーふじ」の摘葉剤の効果は認められたが、処理時期等の最適処理条件についてはさらに検討が必要と考えられた。(平成13年岩手農研セ)
研究分担果樹
戦略園芸
予算区分受託(国)
専門栽培生理
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106549
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat