沿岸南部地域

沿岸南部地域

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜16
年度2004
研究対象イチゴ
概要目的:種子系イチゴ品種の生育特性を解明するとともに、本県における夏秋イチゴの低コスト・安定供給技術を確立する。本試験では、雨よけ栽培における8〜9月どりを前提とした、好適な株管理法及び高設栽培法について明らかにする。
到達目標:(ア)種子系及び四季成り性イチゴ品種の生育特性の解明
(イ)種子系及び四季成り性イチゴ品種利用による低コスト・安定生産技術の開発
予定成果(初年目):種子系いちご品種の生育特性が明らかとなる
成果:ア 種子系イチゴ品種「カラン」は基肥で窒素1.0kg/a、追肥でEC0.8〜1.0ms/cmの液肥を施用することで安定した収量を得ることが可能である。(平成11年度山梨県総合農業試験場)
イ 種子繁殖型イチゴ品種「W78」では、ロング肥料を用いた省力施肥栽培が可能で、栽植密度をa当たり520株にすることで上物率が上がり、10a当たり収量や果実品質は慣行栽培と同等であった。(平成12年度、山梨総農試高冷地分場)
研究分担南部園芸
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106569
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat