安全安心な水稲栽培技術の総合実証

安全安心な水稲栽培技術の総合実証

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜20
年度2004
研究対象水稲
概要目的:岩手県では水稲減農薬栽培が進んでいるが、新しい特別栽培農産物認証制度では減化学肥料栽培とセットの取り組みが求められることとなった。また、環境にやさしい栽培技術をとり入れているエコファーマーの認定者数は、水稲に関しては極めて少ない現状にある。そこで、エコファーマー認定や特別栽培農産物生産を支援するため、県内数か所で生産組合などを選定し、以下の課題について総合的に実証試験を行う。(1)たい肥の減化学肥料代替について、現場でより導入されやすいようにたい肥の成分特性と土壌養分特性に基づく利用技術を実証する。(2)病害虫防除に関しては、いもち病について、より地域に適合した防除体系を選択するための支援技術を提示する。また、初期害虫、カメムシ類防除について、これまで得た知見をもとに対策技術の有効性を広域的に実証し、地域に普及を図っていく。(3)さらに、地域に適合した減農薬・減化学肥料栽培体系の導入を促すため、地域内での検討手法など栽培体系管理システムを提示する。
到達目標:ア たい肥の成分特性および現地ほ場の土壌養分特性を基にした減化学肥料栽培モデルを確立する。
イ 土壌タイプや施肥などの栽培環境に応じた合理的な減農薬いもち病防除体系を提示する。
ウ 殺虫剤を低減する初期害虫の隔年防除およびカメムシ類の耕種的総合防除体系の有効性を実証する。
エ 地域の病害虫発生実態に対応した農薬成分の選択等を支援できる栽培体系管理システムを提示する。
予定成果(初年目):初期害虫の次年度防除要否判断の妥当性が確認される。たい肥成分特性等に基づく化学肥料代替処方箋の実用性確認。
期待効果:適切な農薬低減技術、化学肥料代替技術およびこれらの総合的な栽培体系管理システムを示すことで、特別栽培農産物生産への取り組み、エコファーマーへの取り組みが加速される。
成果:(1)県内堆肥センター産堆肥による水稲化学肥料代替試験では、窒素の肥効率を30%と設定したところ同等の収量が得られた(H14年概要)
(2)広域的に箱剤が施用された地域において、感染好適条件の出現頻度が平年並みの年には7月下旬までほとんどいもち病の発生は見られなかったが、6月下旬以降繰り返し感染好適条件が出現した年には7月中旬から葉いもちが発生した。(中南ら2001北日本病害虫研究報52:7-10)
(3)水稲害虫を一斉に防除した翌年は、無防除にしてもイネドロオイムシ、イネミズゾウムシともに要防除水準以下にとどまる(H13年研究成果)。害虫が外部から侵入しない条件の水田では、一斉防除後2年以上無防除にしても初期害虫は要防除水準以下にとどまる事例がある。
研究分担環境保全
戦略環境
予算区分県単
専門環境
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106714
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat