生分解性資材の栽培適応性

生分解性資材の栽培適応性

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜19
年度2004
研究対象きゅうり
概要目的:キュウリ栽培において、誘引ネットは栽培終了後に茎葉を剥ぎ取った後、10aあたり約5kg排出されるポリエチレンは産業廃棄物として有料で処分する必要があり、その作業に多大な労力と費用を必要とする。近年ではトウモロコシの澱粉を発酵させて作られ、廃棄後は水と炭酸ガスに分解する「ポリ乳酸」を利用した生分解性プラスチックが開発され、強度を必要とする栽培ネットへの応用が期待されている。本試験では、ポリ乳酸系生分解性キュウリネットの製品化に向け、強度を中心とした栽培適応性について明らかにする。
新規性:転用
理由:ながいもで実用化が図られており、キュウリへの転用が期待されるため
成果対象:普及
到達目標:生分解性キュウリネットの栽培適応性が明らかとなり、製品化される
予定成果(初年目):試作した生分解性ネットの栽培適応性が明らかとなる
予定成果(2年目):キュウリ栽培に適した生分解性ネット強度が明らかになる
予定成果(3年目):生分解性キュウリネットが製品化される
研究分担野菜畑作
戦略園芸
予算区分県単
専門野菜
部門栽培生理
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106718
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat