ハトムギの一次加工品の応用化技術開発

ハトムギの一次加工品の応用化技術開発

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜19
年度2004
研究対象ハトムギ
概要目的:岩手県の変化に富んだ自然条件は多彩な食文化を育み、麦・大豆及び雑穀類は伝統食品として利用されるほか、食品加工素材として大消費地にも流通している。一方、消費者からは、これら農産物に対して、健康維持増進機能の強化や安全性の確保、食味の向上と多様なメニューの実用化などが求められている。ハトムギは、県内においては東和町・衣川村等で栽培され、大部分は粒茶原料として出荷され、一部は精白・製粉後まんじゅう、麺等に加工されている。しかし、粒状・粉状のため利用可能な食品は限定され、食味の面からも応用の範囲は狭小なものとなっている。よって、本課題では、ハトムギ製品の食味の向上、多様なメニューの実用化を目的とし、新品種「東北3号」におけるハトムギ一次加工技術(既開発、ペースト状ハトムギ茶)導入検討と、ハトムギ一次加工品の二次応用化技術の開発を行う。到達目標:ハトムギ新品種「東北3号」を原料としたペースト状ハトムギ茶の加工技術を開発する。ペースト状ハトムギ茶の広範囲な応用化技術が示され、現地導入事例ができる。予定成果(初年目):「東北3号」を原料としたペースト状ハトムギ茶の加工技術が開発される。県内業者において乳製品等の既存製品へのペースト状ハトムギ茶の混合が検討される。成果:アハトムギを使った加工品の用途拡大のため、風味豊かで広く応用が可能な一次加工品の製造技術を開発した。(岩手農研2003)
研究分担保鮮流通技術
戦略食品
予算区分(国庫(予定))
専門食品加工流通
部門その他作物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106798
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat