環境との調和に配慮した水路の水生生物保全効果の検証

環境との調和に配慮した水路の水生生物保全効果の検証

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜21
年度2004
研究対象
概要目的:改正された土地改良法により、平成14年度から農業農村整備事業においては環境との調和に配慮することが求められており、事業実施前の環境を把握した上での計画が必要とされている。また事業実施後においても、その環境への効果確認のため、長期にわたる観察が重要である。川崎村K地区においては、農業用用排水路に生息するメダカの保全に配慮した圃場整備が予定されている。しかし現在まで、環境配慮型工法の実施事例は少なく、事業実施者自身が、事業実施地域の生物生息状況に合った工法を選択することは困難である。本研究は、より適切な環境配慮工法の選択を支援するとともに、選択した工法の生物保全効果を明らかにし、今後の生物保全に配慮した農業農村整備事業計画の資とするものである。新規性:導入理由:環境との調和に配慮した農業農村整備については国の調査計画・設計の手引きで工法が示されているが、本研究は、工法導入の判断に生態学的手法より知見を得て、より適切な整備計画の決定に資するものである。成果対象:行政到達目標:環境との調和に配慮した農業農村整備における、水路とその周辺の水生生物保全効果を明らかにする。予定成果(初年目):整備前における水路・水田環境と、それぞれがメダカおよび水生生物の生息と繁殖に果たす役割を把握する予定成果(2年目):・メダカおよび水生生物が生息する水路・水田環境の評価・ビオトープマップを作成し、環境配慮工法選択の検討に資する予定成果(3年目):整備工事実施中の水路・水田における、メダカおよび水生生物の生息状況と、工事の影響を把握する予定成果(4年目):整備後の水路・水田のメダカおよび水生生物の生息状況と、生息環境の回復および保全状況を把握する予定成果(5年目):整備後のビオトープマップを作成し、メダカの生息に配慮した水路の水生生物保全効果を明らかにする
研究分担環境保全
戦略環境
予算区分県単
専門共通
部門環境
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106822
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat