外来魚の生態に関する研究

外来魚の生態に関する研究

県名岩手県
研究機関名岩手県内水面水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜16
年度2004
概要目的:外来魚の資源抑制を図るため、捕獲による効率的な駆除方法を検討する。 期待される成果:外来魚の捕獲による駆除方法の確立。 得られた成果:県内のオオクチバスの産卵状況から、産卵開始水温(15℃)を把握した。湖沼では小型定置網、1枚網が、河川ではワンドにおける1枚網の重複設置が効果的であった。 残された問題:ブルーギルの産卵期を把握したカゴ網による駆除効率の検討
戦略水産
予算区分国庫補助(水)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106951
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat