園芸作物害虫防除における有用天敵類の検索と活用技術の開発

園芸作物害虫防除における有用天敵類の検索と活用技術の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜20
年度2004
研究対象共通
概要市販の天敵などの生物的防除資材が利用されつつあるが,各種作物の栽培環境(作型,栽培様式,気象条件など)に適合した使用方法は,まだ十分に確立されていないのが現状である。そこで,本県の栽培環境に即した各種天敵類の使用法を明らかにして生物的防除資材のいっそうの普及を図るとともに,栽培圃場周辺等に生息する各種害虫類の土着天敵にも着目し,これらの利用技術を開発する。
本県の園芸作物で使用可能な生物的防除資材を明らかにし,栽培環境に適合した利用技術の情報を提供する。また,害虫類の密度抑制要因となっている土着天敵類を検索し,これを有効に活用することによって害虫類の被害を軽減する。
ナス,パプリカにおいて,ハダニ類に対し天敵製剤ミヤコカブリダニが,ミカンキイロア ザミウマに対して天敵製剤タイリクヒメハナカメムシが有効であることが分かった。土着天敵(ニホンアブラバチ,ハナカメムシ類)の発生消長を明らかにした。ミヤコカブリダニの補食能力を明らかにした。ハダニ類の土着天敵ハネカクシ類に対する殺虫剤の影響を評価した。天敵糸状菌のハダニ類,アザミウマ類,アブラムシ類などに対する病原性を明らかにした。
果菜類に発生する害虫類に対し,生物的防除資材の防除効果を判定して,その利用条件を把握する。土着天敵類の検索を行い,害虫に対する密度抑制効果及び被害低減効果を確認する。
研究分担園芸環境部
戦略園芸,環境
予算区分県単
専門虫害
部門共通
業績(1)ボーベリア・バッシアナによる園芸害虫類の防除事例と今後の展開
(2)各作物のハダニに対するミヤコカブリダニの防除効果
(3)防虫ネットによるアザミウマ類の発生遅延効果
(4)Beauveria bassianaの施設園芸害虫類に対する殺虫活性
(5)昆虫病原糸状菌,Beauveria bassiana及び Verticillium lecanii による園芸作物害虫の微生物的防除に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106957
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat