みやぎの環境にやさしい農産物栽培技術体系の確立−水稲編−(II期)  3地域内循環を基本とした有機物の適正評価技術の開発

みやぎの環境にやさしい農産物栽培技術体系の確立−水稲編−(II期)  3地域内循環を基本とした有機物の適正評価技術の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜18
年度2004
研究対象水稲
概要水質や生物相に与える影響を評価しつつ,正に「環境に配慮した栽培技術」を体系化することで,他産地との差別化を図る。このため,認証制度に基づく米だけでなく,環境に配慮しつつ農業者が参加しやすい,比較的平易な栽培技術体系を開発する。
「環境保全米づくり」に地域ぐるみで取り組むメリットの明確化。
消費者は地域ぐるみで取り組む環境保全型農業を望んでいる。さらに消費者に対してそれらの情報を積極的に情報する必要であると考えられた。
地域で取り組む環境保全型農業に対する市場評価の検討。
研究分担情報経営部
戦略土地利用型農業,環境
予算区分国庫補助(農水省)
専門経営,経済
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030106963
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat