海洋構造変動パターン解析技術開発試験事業

海洋構造変動パターン解析技術開発試験事業

県名宮城県
研究機関名宮城県水産研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H9〜16
年度2004
概要 海況情報収集迅速化システム開発試験事業(平成5〜8年度)で開発したシステムを活用し,流向・流速計(ADCP)による流速データを組織的に収集するとともに,調査船のCTDによる海洋観測データ,衛星情報等を合わせて東北海区沿岸・沖合域の高精度な海況把握と漁海況予測に資するための技術開発を行なうことを目的とする。漁業調査指導船「拓洋丸」のCTD・ADCPを用いて,本県沿岸定線における水温・塩分・流向流速データを収集した。CTDによる100深水温データは過去の水温データと合わせて解析し,「偏差持続モデル」・「類似年モデル」・「主成分分析スコア自己回帰モデル」を併用した「宮城県沿岸の海況予測モデル」を用いて各月で水温予測を行い、関係業界へ情報提供した。水温の予測的中率は概ね70%以上であったが,沖合海域においては急激な暖水波及にモデルが対応せず,実測値との間で誤差が10℃以上となる事があった。統計的予測手法によるこのような弱点を補うため,流況データや人工衛星の表面水温データ等,動的な情報を活用する必要がある。
研究分担海洋資源部
戦略水産
予算区分国庫補助(水産庁)
専門水産資源
部門水産資源
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107095
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat