漁場環境保全推進事業

漁場環境保全推進事業

県名宮城県
研究機関名宮城県気仙沼水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜
年度2004
概要目的:水質・底質等の漁場環境を把握し、赤潮・貝毒等の監視及び油濁被害の防止対策を行う。 計画:環境調査では気仙沼湾で水質、底質調査を実施するとともに、アマモの分布目視調査を行う。貝毒モニタリング調査では気仙沼湾で下痢性及び麻痺性貝毒プランクトン出現状況・貝毒検査を実施する。 成果:気仙沼湾で水質調査(7定点)、藻場(10定点)、底質、ベントス調査(3定点)を実施した。岩井崎定点では各週毎にDinophysisi属の出現状況とムラサキイガイの毒量を測定した結果、Dinophysis fortiiは4月上旬から9月上旬に出現し、ムラサキイガイの下痢性貝毒が検出された。このため6月28日より「出荷自主規制措置となり、8月20日に解除となった。  受け渡し先:漁場環境保全推進事業調査報告書として取りまとめ、全国的なデータベースの情報に用いる。 今後の課題:調査指針及び貝毒検査計画により継続実施する。
研究分担環境部
戦略水産
予算区分国庫補助
専門水産環境
部門水産環境
業績(1)気仙沼湾湾奥部における漁場環境の変遷
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107120
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat