生物農薬利用を中心としたリンゴの環境調和型害虫防除体系の確立

生物農薬利用を中心としたリンゴの環境調和型害虫防除体系の確立

県名秋田県
研究機関名秋田県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2004
研究対象リンゴ
概要リンゴは様々な害虫の被害を受けるため、多数の化学合成農薬が使用されている。近年、性フェロモン剤を利用した交信攪乱剤が開発され、化学合成殺虫剤の削減が試みられている。しかし、その効果が及ばないハダニ類などの害虫に対しては、依然として農薬の散布が必要で、環境保全に配慮した持続的農業を推進する上での障害となっている。そこで、さらなる殺虫剤削減のため、土着天敵類の保護や施設園芸で一部実用化されている生物農薬の果樹栽培での利用技術を確立し、総合的な環境調和型害虫防除体系を構築する。
研究分担環境部
戦略環境
予算区分県単
専門虫害
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107209
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat