地域適応性が高い優良新品種の育成

地域適応性が高い優良新品種の育成

県名秋田県
研究機関名秋田県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜22
年度2004
研究対象リンゴ
概要 本県では‘ふじ’の栽培面積が6割にも達し、管理労働力の分配や品質面で、‘ふじ’偏重の弊害が懸念されているが、この品種構成を是正し、今後予想される消費者ニーズの多様化に対応するため、多様な品種の開発が求められている。そこで、交雑育種法により本県の気象条件に適した市場性の高い早生、中生種の優良品種を育成する。
研究分担栽培部
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門果樹
業績(1)リンゴの諸形質の遺伝に関する研究(弟6報)果実の貯蔵性(日持ち性)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107218
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat