白神微生物バンクの構築とその有効活用に関する研究−白神糸状菌及び耐熱性菌等の分離・同定と有効活用に関する研究−微生物由来物質の探索と機能性評価法の研究−

白神微生物バンクの構築とその有効活用に関する研究−白神糸状菌及び耐熱性菌等の分離・同定と有効活用に関する研究−微生物由来物質の探索と機能性評価法の研究−

県名秋田県
研究機関名秋田県総合食品研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
概要目的:酵素は、食品加工にとってなくてはならない存在である。古来からの酒、味噌や醤油などの発酵食品の製造の他に、近年では糖類・油脂類や機能性食材の製造などにも用いられるようになってきた。その用途が広がるにつれ、新しい特性を持ったタンパク質分解酵素や糖質関連酵素などの食品関連酵素が求められている。そこで本研究では、白神山地から分離された微生物より、これまでにない性質や機能を持つ酵素を精製・単離し、その特性を解明することで食品加工等に有用な酵素を得ることを目的とする。また、単離した新規酵素類を用いた、新たな食品加工法や機能性食品等の開発を目指す。本年度は、新たな食品加工法や新規機能性食材の開発に有用な酵素を生産する菌を選抜することを目的として検討を行った。
成果:昨年度は予備検討としてアミノペプチダーゼの基質を用いてスクリーニングを行い、本実験系で酵素活性が高い菌株を選抜できることが確認できた。この知見を基に全く新しい基質を用いて新規酵素を生産する菌を探索した。その結果、約1200株の菌の中から、非常にユニークな酵素を生産する1株を分離することができた。
研究分担生物機能
予算区分県単
専門食品加工流通
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107257
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat