里山広葉樹二次林の形成過程の解明と管理手法の開発

里山広葉樹二次林の形成過程の解明と管理手法の開発

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ−
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜21
年度2004
概要研究内容:里山林を取り巻く環境の変化から、森林の手入れ不足が進み、里山林の持続性・健全性が危惧されており、新たな里山林の管理手法が求められている。そこで、発達段階の異なる林分を調査することで、里山広葉樹二次林の形成過程をシミュレーションし、林分構造の変化を予測するとともに、里山林の持続性・健全性を考慮した管理・保育技術を開発する。
研究分担森林研究研修センタ−
戦略森林・林業・木材産業
予算区分県単
専門植物生態
部門林業
業績(1)ブナ幼齢造林地におけるブナと雑草木の生長
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107476
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat