栄養診断技術開発試験 1 園芸作物の栄養診断技術を活用した効率的な施肥管理技術の開発 (1)果菜類の診断技術と養分動態に基づく効率的施肥管理技術の確立 ア 夏秋トマトにおける施肥養分の収支動態と利用率の解析

栄養診断技術開発試験 1 園芸作物の栄養診断技術を活用した効率的な施肥管理技術の開発 (1)果菜類の診断技術と養分動態に基づく効率的施肥管理技術の確立 ア 夏秋トマトにおける施肥養分の収支動態と利用率の解析

県名福島県
研究機関名福島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H11〜16
年度2004
研究対象トマト
概要 トマトにおける投入肥料の利用率向上を図り、適切な肥培管理を行うための基礎資料とする。本年は、被覆肥料と有機質肥料の組み合わせによる効果を生育と体汁液中の硝酸濃度の推移により養分収支動態を明らかにする。基肥にCUDを用い、中期溶出を多くした被覆肥料の組み合わせで局所施肥した場合の収量が最も多く、茎葉の窒素吸収量とのバランスも良いと考えられた。
研究分担農芸化学部
戦略園芸
予算区分県単
専門土壌肥料
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107591
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat