解析・予報技術開発試験 5 やませ気象下の水稲生育・被害予測モデルと冷害回避技術の開発 (2)直播による冷害危険期の回避技術

解析・予報技術開発試験 5 やませ気象下の水稲生育・被害予測モデルと冷害回避技術の開発 (2)直播による冷害危険期の回避技術

県名福島県
研究機関名福島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜18
年度2004
研究対象水稲
概要水稲直播と移植水稲の生育パターンや危険期の差を解析し、直播栽培による冷害危険期分散の有効性を検証する。同じ品種の場合、一方の栽培方法または作期で低温を回避するための生育ステージの差は最低で約4日。また1993年型に遭遇しても、生育ステージ差が最低で約9日あれば、低温が回避できると考えられた。
研究分担相馬支場
戦略土地利用型
予算区分県単
専門栽培生理
部門
業績(1)水稲直播栽培の冷害危険度シミュレーション
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030107609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat